Iphone

一昨日から新しいiphoneを買って遊んでいます。一年ちょっとまえmacを使うようになったからiphoneにもきょみおもって平国にでたときから日本にはいつはいってくるかとずっと思いました。11日やっと出ると聞いて楽しみにしていたんだけれど9日に皆さんならんでるのは見て ちょっとびっくりしたまさか日本にこんな電化背品があるのに。まあアップル社はいつもやってる事で人にそのものをもちたいきぶんにさせる。それをよくしった私でもぜったい持ちたいと思って原宿のソフトバンクの店の前にならばかと思いもしましたそしてソフトバンクの色んな店に電話してやっと千葉県のはずれたところに一枚カンセルのiphoneがありました青山から60キロ予約もケエプもできないとわ言われがんばって行って買ってきましたluckyだった本当にほしいければ人は持ちたい物をもつべきだと思います

イスタンブル

1453年までにローマ帝国の首都として建設された都市でコンスタンチノポリスといわれました1453年5月29日Fatih Sultan Mehmet  君主はコンスタンチノポリスをコンコドしイスタンブルにしました新しい時代が始まったこの新しい時代ではイスラム、キリスト、ユダヤ 皆さんが平和でくらしとってもカラフルな町になりましたアジアとヨロパのまんなかで色なカラーの人々色んな言葉やっぱりずっとそこにすんでいる人にとってふつうなことなんですが私みたいにはなれたからかちがわかるのは一つの勉強です。p.s 何で私はこの話お書きましたかて言うと 先先週京都に行ってきました本当は何かいも行った所なんですけど今回感じたのはそこらにすんでる人々は私はイスタンブルにいる時の気持ちでいて手元にある物のかちがわからないのだ。そしてこれは仕事にすなげますと:) むかしキリムを作った人々もそれのかちがわからなくてアメリカ、ヨロパそして日本ですごくにんきで売れていますadvise: 手元にある物のかちがもっとわかりましょう 家族 友達 みどり などなど 。。。もちろん自分も

お久しぶりです

二ヶ月ぶりです この二ヶ月の内三週間はトルコにいましたアララット山まで行ってきました帰りに昔から友達であるトルコの一番有名なグラッフィック デザイナー Yavuz Sultan Selim Yukselを日本にしょうたいしました色んな所へつれて日本の感覚日本の文化日本の歴史をつたえよかと思って今度そいった感覚を持って www.kilimhouse.com のウェッブデサイン をゼロからつくりなおしてもらいたいと思っています。