ウズベキスタン−2

ヒバ、ブハラ、サマーカンドは、ウズベキスタンの西、アムダルヤ川沿いにあるそれぞれ小さな町です。

小さい割に当時の大学(medrese マドラーサ)がそれぞれの町にいくつもあって、11世紀あたり世界のsilicon valley だったこの地域で現在の技術の元になる数学、天文学が教えられていました。数学のお父さんとも言えるフワーリズミーそしてウマル・ハイヤームなどなど。世界中で使われている数字0,1,2,3..もアラビア文字でこの辺りから世界に伝えられていきました。

町を歩いてみると建築物の形、タイルの色やデザイン技術もすごいけれど芸術的でとっても素晴らしいです。そこで気づくのは当時の科学者たちは数学者でありながら詩人や哲学者だったということです。

NO ART NO LIFE