お客様が店を育てる

中国人の「爆買い」がときどき日本で報じられてきました。同じようにアラブのお客様もトルコで高いものをたくさん買っています。

そのため、店側ではふつうの良いリピーターのお客様をばかにしている雰囲気があります。欧米の見る目の肥えた、愛好家的なお客様をです。

この10年~20年、アラブ人に合わせてトルコの商品は、家具もお店のデコレーションもなんだかキラキラしたものに変わっていきました。

トルコ独特のものが変化しているように思います。アラブのお客様がなんでもいっぱい買っていくので、品質も落ちました。これでは欧米の厳しい目をもった愛好家的なお客様は離れてしまいます。こういった人たちをハッピーにさせるようなものづくりをし続けないといけないと思います。

 

イスタンブール

1月半ばにトルコに行きました。
イスタンブールの店の前とテラスからの景色
いろいろと美味しいものも食べています。羊料理ばっかり:)。
ヨーロッパとアジアをつなぐボスボラス海峡の船にも乗っています。

大きなじゅうたん

大きなじゅうたんが思ったより売れています。
大きなじゅうたんはあまり流通していなかったけれど、
仕入れてきたら、すぐに何枚も売れました。
日本は住宅が小さいので、じゅうたんも小さくないといけないと
業界では言われてきたのですが、9平米や
12平米のものなどが売れています。もちろん、
私は選んできた素晴しい品質のものです。
これからは大きなじゅうたんもマーケットとして
意識しなくてはと思います。リビングに映える大きくて
素敵なじゅうたんがあると、家族だんらんのときの
幸せな気持ちが増しますね。

アメリカ 3

フィラデルフィア美術館にも行きました。思っていた以上に素晴らしいコレクションがありました。ボストン・ファイアート、メトロポリタン美術館、ワシントンテキスタイル博物館にも匹敵するような美術館です。
ウシャク絨毯
ゴッホのひまわりもあります。

アメリカ 2

ボストンへ行きました。その年の初雪です。オークションで買ったものを取りに行きました。まず大きなじゅうたん。

これは日本に持って帰ったらすぐに売れてしまいました。エジプトの古い布、これは5〜7世紀のものです。

キリスト教初期のCoptic テキスタイルです。麻とウールで出来ています。染料にはインディゴ、あかね、サフラン、貝、ケルメス(虫です。赤い染料です)…。

仕事柄、こういった古い布には興味があります。それからキリム。このキリムはすばらしく手の込んだジジムです。

アメリカ 1

昨年末にアメリカに行きました。オークションで買ったものを取りに行くためと、もうひとつの目的は、アメリカで素晴らしいラグを作っている会社の経営者の方と会うために。フィラデルフィアに着いたら雪が降っていました。そこからニューヨーク・マンハッタンへ。マンハッタンにはABCカーペットという店があります。大きなビル2棟すべてにカーペット、カーペット…。

日本のカーペット店をすべて合わせても、その広さには及ばないくらいの規模です。もちろん、マンハッタンにはこの店だけではなく、他にも15軒くらいはあります。モダンも、オリエンタルもいろいろな種類のものがあります。比べて日本は、デパートの7階にほんの少しだけですね。

日本ももっと歴史の長い美しいカーペット文化が広がって、いずれマンハッタンのようになればと思います。まだまだだと思い、やる気が出てきました!