青山キリムハウス
インフォメーション
  • キリムハウスについて
  • 注文方法
  • お支払い方法
  • 配送方法
  • 会社概要
  • 特定商取引表示
  • アフターサービス
  • 返品・交換
  • お問合せ
  • サイトマップ

  • (株)アララットインターナショナル 〒150-0002 渋谷区渋谷2-2-13-1F
    Tel:03-5467-2622
    Fax:03-3746-1215
    営業時間 11:00〜20:00

    キリムの染色

     

    キリムにとって、「色」は最も重要な要素のひとつです。

    色は異なる多くの染料の組み合わせから創り出されます。その色を左右する染料には、自然の素材から得られる天然染料と、19世紀後半から登場する化学染料とがあります。
    簡単に染色できて失敗も少ない分、単調でそれだけがはっきりと際立つ化学染料に比べ、単一で純粋な成分だけでは構成されない、さまざまな色の要素を含む天然染料による染色は、独特の複雑な色合いを生むため、やはり高く評価されています。
    天然染料によって染められた色は年月を経るほど豊かに熟成し、色と色とが調和し、なんともいえない深みや輝きが生まれます。化学染料ではこの深みを出すことは難しく、褪色が早く、褪せ方にもムラが出たり、にじんだりすることがあります。
    染色は、染料の調合、量、土壌の質や気候・天候、使用した定着材や媒染剤、あらゆる要素で仕上がりの色が変わる、予想不能な作業です。調合の内容や量、行程のタイミングも毎回異なり、染色の数だけ異なる色が存在するといってもよいほどです。


    主な天然染料

    〈赤〉
    茜:茜科植物の根
    コチニール:介殻虫の雌
    紅花:キク科の花の花びら

    など。植物ではベリー系の果実や、花、樹皮、根、また地衣類などからも多様な赤が採取される。
    紅花は染料としての歴史は古いが、扱いが複雑で、現在ではあまり使われない。
    昆虫は他にラック、ケルメスなどがあるが、どれも大量に集めてわずかな染料しか採取できないため、非常に高価。


    〈青〉
    インド藍:マメ科の植物の葉
    ヨーロッパ藍:アブラナ科の植物の葉
    インディゴとも呼ばれる青の染料は歴史が古い。インド藍から抽出する青はヨーロッパ藍のものよりも色素がずっと強く、高価。


    〈黄〉
    玉ねぎや麦わら、セントジョン草、カモミールなど、主にクレセチンという色素を含む植物。
    黄色を構成する色素は他にもあり、多くの植物から様々な黄色ができる。茜による赤の次に、黄色の染料の植物は手に入りやすい。


    〈茶色〉クルミの皮。
    〈ピンク〉赤スグリの実、ラック(昆虫)。
    〈黒〉タンニンを含む植物に鉄分を加えて作る。

    〈紫〉赤と青の染料から作る。
    〈緑〉青と黄の染料から作る。
    〈オレンジ〉赤と黄色の染料から作る。プラムの樹皮やヘナの葉なども。


    茶色では、染色ではないが、もともと茶色の羊毛も活かされる。
    白は、純白なら綿、象牙白色の羊毛も活かされる。



    キリムの織り手が好んで染める色は、現地の平原や山の明るく強い日差しに映えるもの、またその生活の中でめったに目にすることのできない憧れの色、などでした。
    キリムで最も多く使われているのは赤です。茶色は大地に、青は空や川に、黄は太陽にと自然の中で日々目にすることができましたが、赤は春、平原に咲く花にしか見ることができなかったからです。その憧れの赤をキリムに織り込んで、テントの中でいつも身近に置いたのです。

    この様に、色にもさまざまな思いや意味が込められています。

    「赤」愛情・幸福・癒しや温かさ、エネルギーをもたらす
    「青」清浄・魔除け・水や空
    「黄」豊穣・太陽・黄金・富・豊かな生活
    「緑」草原・天国・春の喜び
    「ピンク」勇気・意志

     

     

    Copyright c 2004 株式会社アララット・インタナショナル Ararat Oriental Rugs & Kilims
    Powered by ハーカン カラル