勝手口

皆様に謝らないと行けない事がありました
私は日本語を話しながらそだてられなかった人として日本語を話している時や日本語で文書を書く時ヌアンス的に
まちがっている時などがあります。(えらそに話したりなど)
日本語はあまりにも深い言葉でありまして私にはまだまだのぶる坂がたくさんあります
それを皆さまのご協力をいただきもっと日本語を理解できるようにはなりたいです。

私はなぜこのテーマにしましたかと言うと今まで ”勝手にこしなさい” ”勝手に決めて下し” ”勝手に食べなさい”。。。。使っていました ただ勝手口と言う言葉を知る時まで
日本の古い家には二つの入り口がありました大事な人やお客様などはお家のおもての入り口からはいり
荷物などを持ってくる人やお家の子供などは後ろにある勝手口を使っていたらしいのです。
そうしますと勝手にしなさいと言うのはその場のえらいさんはめいれけをつかってなにがをしてもらったわけだったんです。

私は勝手にと言う言葉を使う時ほんとに思っていたのはごすきなようにどうぞと言ういみでした。

これからも色んな言葉使いをなおしたいと思います
宜しくお願いします